カープファンの基本書たり得る1冊:「Carp-0719 カープ黄金時代の幕開け」

しつこいようだが,世にあまたあふれている「カープ本」の中には,毒にも薬にもならないものも多く,中には有害無益なものすら存在する。誰とは言わないがあんな文章で印税取っていること自体が詐欺まがいの商法だといいたくなるような輩すらいるのであって,これぞカープファンが読むべき1冊というのは,なかなか見当たらないのが現実だ。まあ,こと本を選ぶというのはそれほどに難しいのであって,読み手のメディアリテラシィというものが問われているともいえる。

そんな中で,ようやくこれぞカープファン必読というべき書が,今回紹介するこの1冊である。著者は鈴木信宏氏。いうまでもなくRCCの元アナウンサーでカープの初優勝前後から黄金時代,,そして衰退に向かう時期を実況アナウンサーとして見つめ続けてきた人であって,いわばカープの歴史の生き証人のひとりのような方である。彼が敢えてこのカープ本乱立の時代にカープ本を上梓したという興味もあって,さっそく読んでみた。そして,まず序章から心奪われた。これぞ我々が求め続けてきたカープ本のひとつであると確信した。

その理由は,カープはいかに強かったかというところをあぶり出すことにより,現在の問題点を読者に問いかける作りになっていることである。あまたあるカープ本には,その視点がまるっきり抜けている。ただたんに無批判に現在のカープを礼賛しているか,カープの特定の選手を偶像化しているものばかりなのであって,現状批判という視点からの本がないのである。それだけでも,この本は,すべてのカープファンにとって読む価値があるといってよいと思う。

もちろん,実況中継の裏話以外は,黄金時代を知るカープファンにとって何か新しい話があるわけではない。その意味では,多少物足りぬという読後感を持つ人もいるだろう。それに,鈴木氏と私との見解の相違も相当あって,ある程度批判的に読むことも必要であると思う。もうひとつ,本書の限界は,出版元がザメディアジョンという広島の出版社であることから,はっきり言ってカープ球団に都合の悪いことは明示的に書かれていない。言うまでもなくカープ凋落の原因は外ならぬ松田元が権力を握ったからなのであるが,それについては触れられていない。きっと書きたくても検閲があったのだろう。それは,先代の故松田耕平オーナーの功績を高く評価する件によって暗喩するのが精一杯なのかなと感じた。

しかし,それを持ってこの本の価値を低からしめるものではない。私はまず序章の表題である「Aクラスでは納得しない『カープ黄金時代』を知るファン」に共感した。そして,疑問点やこれはおかしいんじゃないかという点を含めてもなお,この本のコンセプトは高く評価できると思う。Amazonレビュー流にいえば,星4つ半くらいは付けてよいのではないか。それだけの価値は,十分にある。

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA Peopleにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です